FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-01-30

VA - Jazz For Lovers (2006)

今年の日本は冬も異常気象で、北海道の北の我が町も雪に埋まりかけてます。
除雪、窓の雪かき、屋根から落ちた雪の処理に疲れ果てています。

夜は優しい曲で癒やされたいですね^^


VA - Jazz For Lovers (2006)

01. Dinah Washington - Unforgettable - 2:43
02. John Coltrane - Nancy (With the Laughing Face) - 3:12
03. George Shearing - The Nearness of You - 3:10
04. Laura Fygi - Dream a Little Dream of Me - 3:37
05. Stan Getz - Moonlight in Vermont - 2:25
06. Sarah Vaughan - That's All - 3:29
07. Shirley Horn - Do It Again - 2:58
08. Ella Fitzgerald - My Melancholy Baby - 2:57
09. Errol Garner - Misty - 2:46
10. Louis Armstrong - We'll Be Together Again - 4:40
11. Clifford Brown - Smoke Gets in Your Eyes - 3:14
12. Monty Alexander - For Sentimental Reasons - 4:20
13. Nina Simone - What More Can I Say - 2:49
14. Chet Baker - The Touch of Your Lips - 2:41
15. Ben Webster - My Funny Valentine - 3:24
16. Blossom Dearie - Lover Man - 2:46
17. Billie Holiday - April in Paris - 3:30
18. Oscar Peterson - Dreamsville - 2:57

好きなアーティストも入ってますので、selectionの良さが気に入ってます。

11. Clifford Brown - Smoke Gets in Your Eyes




スポンサーサイト
2012-01-18

♪ Charlie Rouse - Yeah !♪

Charlie RouseってThelonious Monkのアルバムでよく見かけるTenor saxプレーヤー位の認識でした。
もともと、7曲目の"Billie Holiday with Mal Waldron & The All Stars - Fine and Mellow"
が聴きたくてDLしたアルバム"V.A. - Jazz Legends Saxophone 02"の1曲目・2曲目が彼のリーダーで
特に2曲目"Billy's Blues"が気に入りました。 Charlie Rouse(Ts),Billy Gardner(P),Peck Morrison(B),Dave Bailey(Ds) Dec 21, 1960の作品です。
V.A. - Jazz Legends Saxophone

disc 1 :
01. Charlie Rouse - When Sunny Gets Blue
02. Charlie Rouse - Billy's Blues
03. Miles Davis - Blue in Green
04. Miles Davis - All Blues (Live)
05. Stan Getz - Captain Marvel
06. Stan Getz - Lester Left Town
07. Billie Holiday with Mal Waldron & The All Stars - Fine and Mellow
08. Duke Ellington - Haupe
09. Duke Ellington & His Orchestra - Diminuendo in Blue (Live)

disc 2 :
01. Dave Brubeck - Take Five
02. Art Blakey - Nica's Dream
03. Dexter Gordon - Backstairs
04. Weather Report - Boogie Woogie Waltz
05. Stanley Turrentine - Storm
06. Gato Barbieri - Blue Gala
07. Grover Washington, Jr. - Take Five (Take Another Five)
08. Woody Shaw - Rahsaan's Run

彼のリーダーアルバム検索しまして、Standard集"Yeah!" '61
もDLしました。


01. You Don'T Know What Love Is
02. Lil Rousin'
03. Stella By Starlight
04. Billy'S Blues
05. Rouse'S Point
06. (There Is) No Greater Love
07. When Sunny Gets Blue (Bonus Track)
08. Quarter Moon (Bonus Track)
09. I Should Care (Bonus Track)

Dec 20,21, 1960
Charlie Rouse(Ts), Billy Gardner(P),Peck Morrison(B),Dave Bailey(Ds)

過去に演奏してきたメンバーがGillespie,Ellington,Buddy Rich,Thelonious Monkですから、リーダー作は少ないのですが、お気に入りの独りに加えたいプレーヤーとなりました。


https://www.youtube.com/watch?v=_I3WXYncRrA
Blue Mitchellとの共演の"Takin' Care of Business" '60も聴いてみたいと思います。

2011-12-17

♪ MISIA - MISIAの森 Forest Covers ♪

12月14日発売のMISIAの新しいアルバムです。

MISIA - MISIAの森 Forest Covers

01. SMILE / Nat King Cole
02. HEAL THE WORLD / Michael Jackson
03. THE ROSE / Bette Midler
04. WHAT A WONDERFUL WORLD / Louis Armstrong
05. RIBBON IN THE SKY (Japanese Version) / Stevie Wonder
06. MERCY MERCY ME (The Ecology) / Marvin Gaye
07. THIS CHRISTMAS / Donny Hathaway
08. WHITE CHRISTMAS / Bing Crosby
09. CAN'T TAKE MY EYES OFF OF YOU / Boys Town Gang (MISIAの選択)Discoにこだわったらしい
10. 大きな愛の木の下で / Original



01から09までヒットしてStandardになった物が多いので、改めて原曲を全て聴いてみました。
Originalの方が好きな物もありますが、MISIAの方が聴きやすい物もありました。
Cover ALbumもたくさん出ていていますので、今回探して聴くとこれも良いなぁーという物を
集めてみました。

02. HEAL THE WORLD / Michael Jackson -  Charito sings Michael Jackson HEAL THE WORLD
Cha



03. THE ROSE / Bette Midler - Westwife
Westlife



※The Rose は綾戸智絵やLe Couple藤田恵美のも好きです^^


04. WHAT A WONDERFUL WORLD / Louis Armstrong - Israel Kamakawiwo'ole
Israel


 
※この曲もたくさんCOVERされていて、Sarah Brightman,Eva Cassidy,Keiko Lee,Kimber Manning, コブクロ、Fron Male Voice Choir などたくさん所蔵してました

09. CAN'T TAKE MY EYES OFF OF YOU / Boys Town Gang - Frankie Valli 
バックダンサーはビレッジ・ピープルかクイーンのフレディ風、ボーカルの髪型は映画"グリース"が流行った頃ののオリビア・ニュートン・ジョン風でかなりうけます^^




※やはり昔の若者としてはフランキー・バリでしょう^^

01. SMILE / Nat King ColeはJacinthaのも良いです。(Youtubeに無いのが残念)
jacintha





2011-12-06

♪ The Classical Jazz Quartet - Christmas 2001,2002 / 2006

あまり積もりませんでしたが、雪が15cmくらい降って、根雪に成りそうな感じです。
そろそろクリスマスの音楽が街に鳴り始める季節となりました。
今年の Christmas Album を探していて、表題のアルバムを見つけました。
普段、jazz player はjazzを演奏した方がいいし、classic は classic のplayerに任せた方がいいということで、
この手のアルバムは敬遠していました。メンバーを見てオッ、少し聴いてみるかということで、このアルバムDLしてみました。

The Classical Jazz Quartet


    01 "Hallelujah" From 'The Messiah' / G.F.Handel - 5:18
    02 "Jesu, Joy Of Man's Desiring" / J.S.Bach - 8:38
    03 "Overture Miniature" From 'The Nutcracker' / P.I.Tchaikovsky - 6:26
    04 "March" From 'The Nutcracker' / P.I.Tchaikovsky - 4:47
    05 "Dance Of The Sugar Plum Fairy" From 'The Nutcracker' / P.I.Tchaikovsky - 6:52
    06 "Russian Dance Trepack" From 'The Nutcracker' / P.I.Tchaikovsky - 5:57
    07 "Dance Of The Reeds" From 'The Nutcracker' / P.I.Tchaikovsky - 6:51
    08 "Waltz Of The Flowers" From 'The Nutcracker' / P.I.Tchaikovsky - 7:23

    Kenny Barron - Piano
    Ron Carter - Bass
    Stefon Harris - Vibes,Marimba
    Lewis Nash - Drums

    Recording Date : 2001,2002
     at Avatar Studios, N.Y
    Label : Kind Of Blue - Italy/EU 2006 - 10014

The Classical Jazz Quartet playing Rachmaninov concert n.2 - I. Moderato (part 2)


お手軽に"White Clistmas"や"Jingle Bells"など演奏することなく、中途半端にclassicにしてないところが、
気に入ってます。編曲・プロデュースのBob Boldenの来歴を紹介しておきます。
Bob Bolden - Arranger,Producer

1978年北テキサス大学卒業、ウディ・ハーマン楽団で活動。1981年 - 1985年 Mel Lewis オーケストラと活動。1993年と1994年、マッコイ・タイナー・ビッグバンドのアルバム「The Turning Point」「Journey」でグラミー賞を受賞。プッチーニやプリンス、スティングなど、クラシックやポップスの曲をジャズにアレンジする作品に特色がある。from Wikipedia

P.S. The Classical Jazz Quartetあまり気に入ったので、youtubeの演奏のラフマニノフとチャイコフスキーの
    アルバムもDLしてしまいました^^、感想は後日です。

Play Rachmaninov (2006)       Play Tchaikovsky (2006)
ラフマ  チャイコ



2011-12-03

♪ What a difference a day made ♪

今晩から吹雪模様に成りそうな師走の北国の天候です。

なぜ”What a difference a day made”かといいますと、Elvin Jonesの古いアルバム”Puttin' It Together”を
探していているうちに、The Great Jazz Trio+ - The Memorial of Hank Jonesの”Unpublished Anthology”
を見つけ、listを見ていたら、Keiko Leeの歌も1曲目に収録されていました。5曲目にWhat a difference a day madeがあったので聴くと、Tiffanyという歌手のvocalでした、Keiko LeeのWhat differenceは”A LETTER FROM ROME”で聴いていたので、Keiko Leeが唄った方がいいのになぁーと想い、PCの中を探していたら、16人のものがありました。
もちろんBestはDinah Washingtonの物です。


Dinah Washington - What a Diff'rence a Day Makes! (1959)
Dinah

Vocal物ですと、Keiko Lee,Sarah Vaughan,Timi Yuro,Natalie Cole,Julie London,Susan Wong,
           Diana Ross,中本マリ,Renee Olstead,Frank Sinatora,Jamie Cullum
Inst物で、Chet Baker & Gerry Mulligan,Coleman Hawkins,Al Hirtとなっています。
Jamie Cullumの物も好きです。



メキシコのMaría Greverの作品ですから、元々ラテンの演奏だったのでしょうが、



Dinah Washingtonが1960年のグラミーを受賞してスローなバラードのアレンジ方が好みです。

因みにSusan Wongの"Someone Like You"のもいいですよ^^
susan



Copyright (C) My Favorite One. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。