FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-01-18

♪ Charlie Rouse - Yeah !♪

Charlie RouseってThelonious Monkのアルバムでよく見かけるTenor saxプレーヤー位の認識でした。
もともと、7曲目の"Billie Holiday with Mal Waldron & The All Stars - Fine and Mellow"
が聴きたくてDLしたアルバム"V.A. - Jazz Legends Saxophone 02"の1曲目・2曲目が彼のリーダーで
特に2曲目"Billy's Blues"が気に入りました。 Charlie Rouse(Ts),Billy Gardner(P),Peck Morrison(B),Dave Bailey(Ds) Dec 21, 1960の作品です。
V.A. - Jazz Legends Saxophone

disc 1 :
01. Charlie Rouse - When Sunny Gets Blue
02. Charlie Rouse - Billy's Blues
03. Miles Davis - Blue in Green
04. Miles Davis - All Blues (Live)
05. Stan Getz - Captain Marvel
06. Stan Getz - Lester Left Town
07. Billie Holiday with Mal Waldron & The All Stars - Fine and Mellow
08. Duke Ellington - Haupe
09. Duke Ellington & His Orchestra - Diminuendo in Blue (Live)

disc 2 :
01. Dave Brubeck - Take Five
02. Art Blakey - Nica's Dream
03. Dexter Gordon - Backstairs
04. Weather Report - Boogie Woogie Waltz
05. Stanley Turrentine - Storm
06. Gato Barbieri - Blue Gala
07. Grover Washington, Jr. - Take Five (Take Another Five)
08. Woody Shaw - Rahsaan's Run

彼のリーダーアルバム検索しまして、Standard集"Yeah!" '61
もDLしました。


01. You Don'T Know What Love Is
02. Lil Rousin'
03. Stella By Starlight
04. Billy'S Blues
05. Rouse'S Point
06. (There Is) No Greater Love
07. When Sunny Gets Blue (Bonus Track)
08. Quarter Moon (Bonus Track)
09. I Should Care (Bonus Track)

Dec 20,21, 1960
Charlie Rouse(Ts), Billy Gardner(P),Peck Morrison(B),Dave Bailey(Ds)

過去に演奏してきたメンバーがGillespie,Ellington,Buddy Rich,Thelonious Monkですから、リーダー作は少ないのですが、お気に入りの独りに加えたいプレーヤーとなりました。


https://www.youtube.com/watch?v=_I3WXYncRrA
Blue Mitchellとの共演の"Takin' Care of Business" '60も聴いてみたいと思います。

スポンサーサイト
Copyright (C) My Favorite One. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。