FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-07-29

♪ Gerry Mulligan partⅡ♪

その後もせっせと、Gerry MulliganのBaritone Sax聴いてます。
その中から1枚
The Silver Collection - Gerry Mulligan Meets the Saxophonists [Best of] 1985 (1957)
Gerry Mulligan Meets the Saxophonists  [Best of]

    01 Chelsea Bridge - 7:18
 from [Gerry Mulligan Meets Ben Webster]
    02 Tell Me When - 5:02
  from [Gerry Mulligan Meets Ben Webster]
    03 Bunny - 5:45
  from [Gerry Mulligan Meets Johnny Hodges]
    04 18 Carrots (For Baby Rabbit) - 5:13
  from[Gerry Mulligan Meets Johnny Hodges]
    05 Come Rain or Come Shine - 4:56
 from [Concert Jazz Band On Tour With Zoot Sims]
    06 The Red Door - 5:44
  from [Concert Jazz Band On Tour With Zoot Sims]
    07 Scrapple from the Apple - 8:10
  from [Stan Getz Meets Gerry Mulligan in Hi-Fi]
    08 This Can't Be Love - 8:46
  from [Stan Getz Meets Gerry Mulligan in Hi-Fi]
    09 Line for Lyons - 3:05
  from [Gerry Mulligan & Paul DesmondQuartet]
    10 Body and Soul - 9:38
  from [Gerry Mulligan & Paul DesmondQuartet]

  Best ofですから過去のアルバムの中から

Ben Webster Sax (Tenor) on 01,02
Johnny Hodges  Sax (Alto) on 03,04
Zoot Sims Sax (Tenor) on 05,06
Stan Getz Sax (Tenor) on 07,08
Paul Desmond Sax (Alto) on 09,10

といった具合に2曲ずつセレクトしたものです。それぞれ個性が出ていて、BalladからWest Coastまで色々楽しめるのがbest盤の面白いところです。L.Aを中心に活躍していたWest Coast系musicanですから、Ben Websterのballadもいいのですが、ZootやGetzとの演奏がぴったりとはまります。

Billie Holliday,Coleman Hawkins, Ben Webster,Lester Young, Roy Eldridge, Doc Cheatham,Vic Dickenson , Danny Barker, Milt Hinton, Mal Waldron 豪華メンバーに挟まれてMulligan若干緊張しているみたい^^




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cincotti.blog110.fc2.com/tb.php/107-b7438a7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) My Favorite One. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。