--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-10-06

♪ Hank Mobley・Al Cohn・John Coltrane・Zoot Sims - Tenor Conclave  ♪

ここ、北海道の特に北の地方では、すっかり秋も深まり、夜長の季節となってきました。
そんな夜にはサックスが良く似合います。
まん丸クミさんの Jazz from 43rd parallel north、久々に覗いたら、"How Deep Is The Ocean"を取り上げていました。手持ちの曲探してみたら、23件ヒットしました。
 全部聞き直してみました。その中で一番良かったのが、表題のアルバムの中のHow Deep Is the Oceanでした。
"Hank Mobley・Al Cohn・John Coltrane・Zoot Sims - Tenor Conclave"  1956
Tenor Conclave

01.Tenor Conclave
02.Just You, Just Me
03.Bob's Boys
04.How Deep Is the Ocean

Hank Mobley, Al Cohn, John Coltrane, Zoot Sims - Sax (Tenor)
Red Garland - Piano
Paul Chambers - Bass
Arthur Taylor - Drums

Recording - Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, September 7, 1956

となっています。まさにThe Prestige All Starsです。
この年のColtrane は30歳で、Milesグループで、5月"Workin'"・5月"Steamin'"・5月、10月"Relaxin'"・10月"Cookin'"、Sonny Rollinsの代表作5月"Tenor Madness"を録音とフル回転で絶頂期でした。

Hank Mobleyは26歳で、2月"The Jazz Massage of Hank Mobley"、4月"The Jazz Messengers"、7月Horace Silverと"Silver's Blue"、Jackie McLeanと"4,5and6"、"Mobley's Message"を録音しています。

Zoot Simsも31歳、1月からAl Cohnと組んで3枚のアルバムを出したのを含め、9月の録音まで24枚ものアルバムに参加しています。

いよいよ気候の良くなった9月にHackensackのVan Gelder Studioに集まり、オールスターで録音、悪かろうはずがありません^^



他にもお気に入りのHow Deep Is the Oceanはあります。大好きなOscarとBillie Holidayの1954の録音
A Norman Granz Legacy Oscar Peterson Songbooks Etcetera (10CD Box set, 2005) の6枚目"Oscar Peterson Session with Billie Holiday" Avid Records UK AMSC 819 LC12869


Bill Evans や Coleman Hawkinsのもの、Eddie Higginsの"Moonlight Becomes You"や、Kenny Baronの"Minor Blue"のもいいなぁーー

"How Deep Is The Ocean" - from those Albums
oscar, websterbillie, oscarbill 1paul, chetbill2caleman1Eddie1barron1coltrane













スポンサーサイト

コメント

後で思い出す

ジャイアント・ステップスさん、今晩は。

自分の名前があったので驚きました(^^;

"Tenor Conclave" これ良さそうな盤ですね。ジャケットの皆の顔が若いこと、それだけでも新鮮さを感じます。

23件もあったとは、私も後から色々とお気に入りのモノが思い浮かんで、あれよりコッチの方を紹介したかったとか、Kenny Barron Trio "Minor Blues" とかほんの数年前の盤の存在さえ覚えていませんでした。記憶力の低下にこの先ずっと悩まされそうです(泣)

こんにちは、まん丸クミさん
とりあえず、手持ちのCDは全てPCのハードディスクに入れてます。検索が楽ですよ^^

Bill Evans Plays

Bill Evansの演奏では、Jazzhouseというコペンハーゲンのライブアルバムでの演奏が秀逸だと思いますが、69年のライブということで、ビル・エバンスが右の少し後ろ4時方向にいて、エディ・ゴメスは左の9時方向、その後ろ9時半方向にマーティ・モレルがいる様な録音(判ってもらえるかなぁー^^)
を我慢しなければならないのですが、トリオ・ライブのいい雰囲気が出た名演奏だと思います。-------今の技術でもう少し聴きやすいポジションに持ってこれないものかと、常々思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cincotti.blog110.fc2.com/tb.php/155-d04768be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) My Favorite One. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。