FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-02-17

村上春樹氏に座布団

夕刊を見て嬉しくなって一言^^
 最近一番favoriteな作家の村上春樹氏がエルサレム賞(社会における個人の自由を描いた作者に贈られる賞)を受賞し、この時期にイスラエルに行くというニュースを新聞で読み、この時期に行って何事もなく、済むのかなぁーと思っていました。
 講演要旨しか見てませんが、やはりガザ自治区の攻撃に言及し、作家は壁の側ではなく卵の側に立つと。壁の側に立つ小説家には何の価値があるのだろうかと。
 胸がすっきりしました。更に、壁は戦車だったり、ロケット弾、白リンだったりすると。
直接イスラエル軍の名前は出していませんが、武力によって被害を受け、傷を負った人たちを勇気付ることができる内容だったと思います。また会場には村上春樹ファンがたくさんいたからなのかも知れませんが、氏の講演の後、たくさんの人たちがスタンディングオベーションを贈る姿にも感動しました。
 イスラエルの賞だから、受賞を辞退すべきという考えもあるでしょうが、あえてその国に出掛け、そこで発言することによって、世界中の人々に訴えたのですから、勇気ある行動だと思います。
 選挙で右派系統が勝ち、先の攻撃を正当化するのかという不安もある中、中々行けるものでは無いと思います。ひょっとしたら、かの有名なモサドに報復を受けるかもとか・・・・
ネットでこの記事を検索してみて、報道の仕方にも差があることにも驚いています。
時事通信とNHKの報道の差をご確認ください。

2月16日6時47分配信 時事通信より
村上春樹さんに「エルサレム賞」=スピーチでガザ侵攻を批判
 【エルサレム15日時事】作家の村上春樹さん(60)は15日、イスラエル最高の文学賞「エルサレム賞」を受賞し、エルサレム市内の会議場でスピーチを行った。村上さんは、イスラエルのパレスチナ自治区ガザ侵攻を批判、日本で受賞をボイコットすべきだとの意見が出たことを紹介した。
 村上さんは例え話として、「高い壁」とそれにぶつかって割れる「卵」があり、いつも自分は「卵」の側に付くと言及。その上で、「爆弾犯や戦車、ロケット弾、白リン弾が高い壁で、卵は被害を受ける人々だ」と述べ、名指しは避けつつも、イスラエル軍やパレスチナ武装組織を非難した。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090216-00000014-jij-int
一方、NHKでは
「ノルウェイの森」などの小説で知られる作家の村上春樹さんが、中東・イスラエルの「エルサレム賞」を日本人で初めて受賞し、授賞式に出席しました。「エルサレム賞」は、イスラエルで2年に1度開かれる「国際ブックフェア」の実行委員会が、個人の自由や尊厳などをテーマに世界的に活動している作家に贈るものです。
日本人で初めての受賞者となった村上春樹さんは、日本時間の16日未明、エルサレムで開かれた授賞式に出席し、「イスラエルの読者の皆さんに感謝します」と受賞の喜びを語りました。村上さんのエルサレム賞受賞をめぐっては、パレスチナ問題に取り組む民間団体などから受賞の辞退を求める声が上がっていましたが、村上さんは「小説家は自分の目で見たもの、手で触れたもの以外は信頼できないので、わたしは自分自身の目で現実を見、話をしたいと思った」と述べました。そのうえで、村上さんは「1つだけ皆さんにお伝えしたいことがある。われわれは皆、国籍や宗教を越えた存在であり、壊れやすい卵だ。今、われわれは高く、強く、冷たい壁に直面し勝てそうもないように思える。しかし、人間のユニークさかけがえのなさ、ともに行動することによって得られる温かさを信じるべきだ」と述べ、個人の尊厳を尊重することの大切さを訴えました。
 http://www.nhk.or.jp/news/k10014185071000.html#

うーん、なんとも、イスラエルの空爆に対して講演で批難したことを直接言葉にするのか、個人の尊厳を尊重することの大切さを訴えましたといった報道、この差は大きいと思うのですが><;

とりあえず、ご無事で帰国されますようご祈念申し上げます。
そして村上氏に座布団一枚あげるように山田君に言って置きます。
座布団

氏の代表作"Norwegian Wood"


ノルウェー上
同下

P.S 海外の新聞に載った原文を一部追記します。
"If there is a hard, high wall and an egg that breaks against it, no matter how right the wall or how wrong the egg,I will stand on the side of the egg. Why? Because each of us is an egg, a unique soul enclosed in a fragile egg. Each of us is confronting a high wall. The high wall is the system which forces us to do the things we would not ordinarily see fit to do as individuals."  from Jerusalem Post

 全文記載がないので、"壁の側に立つ小説家には何の価値があるのだろうか"、"壁は戦車だったり、ロケット弾、白リンだったりする"とかの表現が見つかりません><; 北海道新聞(2/16夕刊)記載の講演要旨を転記したのですが、もっと比喩的な表現だったのだろうか?
 上記原文の朱書部だけでも、十分すぎるほど、かっこいいなぁー^^
檜舞台でこんなセリフ言える人って、現在、ほとんど世界には稀でしょう。これから先、彼の発言がますます楽しみです。帰朝報告後も眼が離せません^^






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cincotti.blog110.fc2.com/tb.php/75-8fdec3bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

Copyright (C) My Favorite One. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。