--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-02-20

♪ ポートレイト・イン・ジャズ ♪

村上ネタです
彼がjazz好きなことは、ジャズを聞かせるBARの主人だったとか、彼の多くの作品の中にjazzが登場することから解ります。彼の小説の中に登場する物だったり、音楽は言葉以上の効果を読者にイメージさせ、人物のイメージを膨らまさせてくれます。音楽のジャンルも広いのですがjazzが特に多いと思います。

和田誠が描くミュージシャンの肖像に、村上春樹がエッセイを添えた本
『ポートレイト・イン・ジャズ (単行本)』 1997/12発売
ポートレイト本
『ポートレイト・イン・ジャズ 〈2〉(単行本)』 2001/04発売
ポートレイト本2

本の中ではそれぞれ26組のジャズメンが登場し、そのジャズメンのエッセイが書かれているのですが、その中から紹介されたセレクションです。

"ポートレイト・イン・ジャズ" (1998/5/13)
ポートレート2

01. ブルームディド(チャーリー・パーカー)
   Bloomdido / Charlie Parker
02. ジターバッグ・ワルツ(ハーブ・ゲラー)
   Jitterbug Waltz / Herb Geller
03. 危険な関係のブルース(アート・ブレイキー)
   Les liaisons dangereuses / Art Blackey
04. ムーヴ(スタン・ゲッツ)
   Move / Stan Getz
05. マイ・フーリッシュ・ハート(ピル・エヴァンス)
   My Foolish Heart / Bill Evans
06. ロックス・イン・マイ・ベッド(デューク・エリントン)
   Rocks in my bed / Duke Ellington
07. ジーズ・フーリッシュ・シングズ(エラ・フィッツジェラルド)
   These foolish things / Ella Fitzgerald
08. アウト・ゼア(エリック・ドルフィー)
   Out there / Eric Dolphy
09. シャイニー・ストッキングズ(カウント・ベイシー)
   The Shiny Stokings / Count Basie
10. サムタイムズ・アイム・ハッピー(ナット・キング・コール)
   Sometimes I'm Happy / Nat king Cole
11. ディジーズ・ブルース(ディジー・ガレスピー)
   Dizzy's Blues / Dizzy Gillespie
12. ジャッキイング(セロニアス・モンク)
   Jackie-ing / Thelonious Monk
13. ルイーズ(レスター・ヤング)
   Louise / Lester Young

"ポートレイト・イン・ジャズ" 和田誠、村上春樹 セレクション(1998/6/20)
ポートレート1

01. 君ほほえめば(ビリー・ホリデイ)
 When You're Smiling / Billy Holiday
02. カンジスの月光(ベニー・グッドマン)
 Moonlight on the Ganges / Benny Goodman
03. 私はヴァージニアへ(ビックス・バイダーベック)
 I'm Comin' Virginia / Bix Beiderbecke
04. ホワット・イズ・ゼア・トゥ・セイ?(ジェリー・マリガン)
  What is there to say / Gerry Mulligan
05. イッツ・ユー・オア・ノー・ワン(デクスター・ゴードン)
 It's You or No One / Dexter Gordon
06. ゴースト・オブ・ア・チャンス(チュー・ベリー・ウィズ・キャブ・キャロウェイ・オーケストラ)
 (I don't stand) A Ghost of a Chance (with You) / Chu Berry wiyh Cab Calloway Orc
07. ウエスト・エンド・ブルース(ルイ・アームストロング)
 West End Blues / Luis Armstrong
08. ブレックファスト・フュード(チャーリー・クリスチャン)
  Breakfast Feud / Charlie Christian
09. シンギン・ザ・ブルース(ビックス・バイダーベック)
 Singin' the Blues / Bix Beiderbecke
10. ウォーキン(マイルス・デイヴィス)
  Walkin'/ Miles Davis
11. アイ・キャント・ゲット・スターテッド(ビリー・ホリデイ)
 I can't get started / Billy Holiday

 以上相当マニアックなセレクションです^^。(和田氏のセレクションの要素が強いとあとがきで村上氏が書いてますが)有名なミュージャンの決してベスト盤には収録されないであろうという曲、過去は判りませんが、現在ではほとんど名前すら聞かないミュージシャンも少なくありません。当然、音の方もかなりノイズ多めのモノラル盤といったものがほとんどです。エッセイにはそれぞれ色々な物語があって、アルバムを聴きながら、本を読むと独特な世界に誘ってくれるそうです。村上春樹のファンであれば、是非聴いてみたいセレクションでしょう。

P.S 右のHot Collectionのplaylistで検索しましたが、本人のものはサッチモの1曲だけヒットしました。1曲目のI'm Coming VirginiaはWoody Hermanのものです。うーんマイナーです^^


 Walkin' / Miles Davis (多分セレクションの中で一番有名?)1967 / Germany
(Miles,Ron,Herbie,Wayne,Tony - 所謂the second great quintet periodのものです)





















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cincotti.blog110.fc2.com/tb.php/77-bfbb2105
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) My Favorite One. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。